薬事法に違反しない? | 安全に使える超低用量ピル!安全な避妊ならメリアンの使用がオススメ

薬事法に違反しない?

薬を作っている手

低用量ピルの中でも特に優秀なものであるといえるメリアンは、通販を利用すれば、いつでも自分が都合のいいときに購入することができます。
個人輸入代行の通販は、メリアンをはじめとした様々なピルを簡単に購入できるので、個人輸入代行の通販を利用して低用量ピルを購入している人たちはたくさんいます。
ですが、本来ならメリアンのような超低用量ピルや低用量ピルは、専門の医師の処方箋がなければ購入することができない決まりになっていますよね。
そのため、インターネットの通販を利用してメリアンを購入すると、薬事法に違反してしまうのではないか、と不安に感じている人も、もしかしたらいるのではないでしょうか。

メリアンをはじめとした様々なピルを取り扱っている個人輸入代行の通販ですが、個人輸入代行の通販を利用したからといって薬事法に違反することはありません。
そもそも個人輸入という方法自体が昔から多くの人に利用されてきた方法ですし、海外から医薬品を個人輸入するのも、個人での使用を目的にしている場合なら薬事法で認められているのです。
そのため、個人輸入代行の通販を利用したからといって、薬事法に違反したことにはならないので安心してください。

ですが、個人輸入代行の通販で購入したメリアンを自分で服用せずに、他の人に譲渡したり、販売したりすると薬事法に違反してしまうので注意が必要です。
これは個人輸入で手に入れた商品を他の人にあげたり、売ったりしてしまうと個人での使用から外れてしまうからです。
メリアンが便利だからといって、友達や家族に分けたりするのは絶対にしないようにしましょう。