メリアンってどんなピル? | 安全に使える超低用量ピル!安全な避妊ならメリアンの使用がオススメ

メリアンってどんなピル?

散らばっている薬

低用量ピルの中でも最も安全性が高く、安心してピルを使った避妊をすることができるのがメリアンの魅力です。
ピルなどの医薬品の副作用は気になる人も多いと思いますが、低用量ピルの中でも副作用の心配が特に少ないメリアンなら服用してみようかな?と考えている人も多いことでしょう。
ですが、低用量ピルなどの医薬品は、正しく使うためにはその薬についての知識をつけておいたほうがいいこともたくさんあるので、メリアンについてもう少し知っておきたい人もいることでしょう。

安心して使用できるとして注目を集めているメリアンは、第三世代のピルの中に分類される超低用量ピルです。
ピルには1相性、2相性などの種類がありますが、メリアンは1相性ピルになるので、錠剤に含まれている成分の用量は全て一緒になっています。
2相性ピルや3相性ピルのように飲み分けたりしなくてもいいので、ピルの飲み分けに不安を抱えている人でもメリアンなら安心して使うことができるのではないでしょうか。
メリアンに含まれているホルモンは卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールと、黄体ホルモンであるデストデンを含んでおり、そのどちらも量がとても少なくなっています。
同じように第三世代の低用量ピルにはマーベロンがありますが、メリアンはマーベロンよりもさらにホルモンの量が少なくなっているといわれています。

メリアンには21錠と28錠の2種類が作られており、21錠は7日間の休薬期間が、28錠には7錠の偽薬が入っているという特徴があります。
メリアンの偽薬は飲み忘れを防ぐために入っているので、飲み忘れがありそうで不安だという人は28錠入りのメリアンを選ぶことをオススメします。